スキルの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

スキルの動向
案件検索

スキルの動向

日進月歩のエンジニア業界では、スキルに対する市場ニーズのトレンドに常に変化が起こっています。
ここでは、歴史ある言語から最新スキルまで、各スキルについてのまとめと近年の動向について整理しています。

JAVAの動向

Javaは大規模案件からAndroid系スマートフォン/タブレット向けアプリまで、様々なところで使用されます。その幅広さから安定した人気を誇っています。バージョンアップが定期的に行われているため、Javaの案件では最新情報のキャッチアップ能力も求められます。

PHPの動向

PHPは主にサーバーサイド開発を行うスクリプト言語です。LAMP環境での開発が主流となっており、今後も拡大していく人気案件のひとつです。また、Laravelなどトレンドのフレームワーク経験があるとより人材価値が上昇します。

.NETの動向

.NETは、.NET Framework上で動作するアプリケーション開発の為に用いられる言語です。主にVB.NET、C#.NETが使われています。近年の傾向として、クライアントサーバー型よりWebシステム型案件の方がニーズが高くなっています。

Rubyの動向

Rubyは日本発の言語で、海外でのニーズも高く資格制度も整備されています。クックパッドや楽天など様々なサイトにも使用されており、比較的大規模な開発もあります。Webアプリケーション開発においては、Ruby on Railsをセットで習得しておく必要があります。

Pythonの動向

シンプルな造りで、読み書きがしやすいスクリプト言語です。YouTubeやInstagramなど人気Webアプリケーションの開発にも使用されています。また、人工知能の分野でも用いられており、注目度の高い案件が多いです。

Perlの動向

PHPと同様に、Webアプリケーション開発で広く使用されている技術の一つで、実用性と多様性を重視した言語です。歴史は長く、根強い人気を誇っていますが、活躍の場はやや減少傾向にあります。

Androidの動向

Android OSはGoogleが提供するOSで、Androidスマートフォンアプリの開発にはJavaまたはKotlinが主に使用されています。Objective-C / Swift案件同様に、しばらくは高いニーズが続くことが予想されます。

VBAの動向

VBAはMicrosoft社がOffice製品にて、プログラムの記述、実行を行うために開発した言語です。案件数自体は、安定して多い傾向ですが、身に付け易い技術のため、競争率の高い案件が多いようです。

COBOLの動向

COBOLは事務処理や会計処理を得意とする言語で、企業のコンピュータシステム開発に多く用いられています。システムのWeb化が進む中でも一定量の市場ニーズがあり、今後も安定して案件は発生します。

C / C++の動向

C / C++は組込制御系システムの開発を得意とする言語です。現在、IoTが発展していることから需要が高まっており、今後も市場のニーズは衰えることはないと言われています。

HTML / CSSの動向

HTML / CSSはWebサイト制作のフロントエンド開発に用いられる言語です。近年ではHTML5 / CSS3がリリースされ、注目されています。フロントエンドだけでなく、サーバサイド面の知識や経験があるエンジニアの市場ニーズは高まっていく傾向にあります。

JavaScriptの動向

Javascriptは、ウェブサイト制作で簡単なものではスライドショー等動きをつける言語として使われる機会が増えてきました。jqueryと呼ばれるプラグインを使用することで、もとからあるコードを書き換え最適化していくこともできます。またデータの処理にも優れている言語です。

C#の動向

C#はMicrosoft社が開発した言語です。しかしながらWindows向けアプリケーションだけでなく、スマートフォンアプリやWebアプリケーション開発、Unityを使えばゲーム開発と幅広い開発が可能です。

ABAPの動向

SAP社が提供しているパッケージソフトウェアの開発専門言語がABAPです。ERPを導入する企業が増加しており、技術者の市場ニーズも安定的に高い水準で推移しています。

Flash / ActionScriptの動向

Flashは、Adobe社が開発したゲームやアニメーションを開発・実行するためのソフトウェア。その開発に用いられるスクリプト言語がActionScriptです。HTML5の普及により、案件は減少傾向にあります。

SQLの動向

SQLはデータベースを操作、管理するための言語です。なんらかのシステムと連携して使うことが主なため、幅広い知識が要求されます。DBAの市場ニーズは安定しております。

ORACLEの動向

ORACLEは、1979年に初めて商用で発売されたRDBMSです。日本オラクル社が運営する認定試験もあり、世界的にも通用する資格です。今後も普遍的に重要なデータベースとして案件は安定して発生することが見込まれます。

UNIX / Linuxの動向

UNIXはマルチタスクOSで、サーバOSとしてはCentOSが人気です。LinuxはUNIXをベースに作られたオープンソースソフトウェアのOSです。コスト、セキュリティ、動作等、様々な面から高い評価があり幅広く利用されているため、安定したニーズがあります。

AWSの動向

AWSはAmazon社が提供するクラウドコンピューティングサービスの総称です。AWSで提供されるサービスは多々ありますが、案件としてはサーバーを構築、運用できるEC2が多い傾向にあります。

ActiveDirectoryの動向

Windowsサーバに備わっているディレクトリサービス(機能)のひとつ。存在する資源や利用者情報、権限等を一元管理することができます。Windowsサーバを扱うインフラエンジニアは身に付けておくべき技術といえるでしょう。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン JAVA案件特集 PMO案件特集 インフラ案件特集 人材コーディネートサポーター募集