ActiveDirectoryの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

ActiveDirectoryの動向
案件検索

ActiveDirectoryの動向

ActiveDirectory

ハードウェア資源と利用者を一元管理する機能

Windows Serverの機能のひとつで、ハードウェア資源と利用者を一元管理することが可能なActiveDirectory。その概要と案件についてご紹介します。

ActiveDirectoryとは

ActiveDirectoryは、ネットワークと接続されているサーバやPC、プリンタなどのハードウェア資源や、それらの利用者の識別情報やアクセス権限等の情報を一元管理することができる、Windows Serverの機能のひとつです。Windows 2000 Serverから導入されました。
この機能を利用することで、管理者はユーザアカウント(ユーザ名とパスワード)を一括管理できるようになったり、PCの設定を一括変更できるようになったり、また、利用者はシングルサインオン(一度の認証で複数システムにアクセス可能になる)でシステムの利便性を向上させることができます。

ActiveDirectory技術の現状と今後について

ActiveDirectoryに関する技術は、主に社内SE、情シス案件にて求められます。つまりは、ActiveDirectoryの知識だけでなく、ネットワークやサーバ等、インフラに関する全般に対する幅広い知識や経験が問われることとなります。
クラウドサービスを利用するアカウントを管理するためのAzure ActiveDirectoryも登場しており、今後も安定して案件が発生することが見込まれます。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン これからフリーランスエンジニアを目指す方へ オンライン面談・リモートワークOK案件の特集 JAVA案件特集 PMO案件特集 インフラ案件特集 人材コーディネートサポーター募集