Androidの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

Androidの動向
案件検索

Androidの動向

Android技術者のこれから

ますます需要が高まるAndroid

拡大するスマートフォン市場に対応できるAndroid開発者は、大幅に不足しています。情報系ソフト開発に従事してきた技術者にもキャリアチェンジの余地があるAndroid技術者の現状をご紹介します。

Androidとは

Androidとは、2007年よりGoogleが提唱・開発するモバイル向けの基本ソフトウェア(OS)をベースとし、ミドルウェア、インターフェース、アプリケーションをのせて構成されているプラットフォーム。Android用のスマートフォンアプリケーションは主にJava言語でプログラミングされるが、C#や新しく登場したKotlinでも開発ができます。

Androidの大きな特徴としては、オープンソースソフトウェアのプラットフォームであることが挙げられます。これによりメーカーは端末を制作するコストを安く抑えることができ、開発環境も無償で公開されているため、一般の開発者が無料でアプリケーション作成ができる点もメリットです。この結果、多くの企業や開発者が参入し、Android OSのシェアは2019年現在世界一位となっています。

Android技術の資格認定について

一般社団法人Open Handset Alliance(OESF)は、Androidベースの組み込みプラットフォームやフレームワークをカーナビや家電など携帯電話以外へも普及することを目指し、「Android技術者認定試験(ACE)」を実施しています。実際、情報系ソフトウェア開発経験者が、新たにAndroid組み込み機器の開発に関心を持ち、受験しているケースが多いようです。

Androidを使える、作れるスキルが公的に認められる資格のため、就転職時に十分なアピールポイントとなり得るでしょう。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン これからフリーランスエンジニアを目指す方へ オンライン面談・リモートワークOK案件の特集 JAVA案件特集 PMO案件特集 インフラ案件特集 人材コーディネートサポーター募集