SMAC - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

SMAC
お役立ち情報

フリーエンジニア考察

SMAC

今回のお題『SMAC』

SMACとは、S=Social、M=Mobile、A=Analytics、C=Cloudの頭文字を並べた造語でスマックと言います。国内では2014年頃にトレンドを表す言葉として広く使われるようになり、これからのITビジネスを牽引していく要素と言われてきました。

SMAC

SMACとは、S=Social、M=Mobile、A=Analytics、C=Cloudの頭文字を並べた造語でスマックと言います。国内では2014年頃にトレンドを表す言葉として広く使われるようになり、これからのITビジネスを牽引していく要素と言われてきました。

2014年から2年経った今、SMACは私たちの生活にますます定着しています。

《Social》
実名主義のFacebook、ビジネスでの繋がりをメインとしたLinkedin、ショートメッセージに特化したtwitterなどが全世界に広がっています。
一時よりは会員数も利用頻度も落ち着きを見せはじめましたが、今ではよりニッチな繋がりや狭いコミュニティでのSNSがどんどんリリースされているようです。

《Mobile》
今ではモバイルといえば、スマートフォンを指します。スマートフォン上で動くアプリが増え、何でもスマホ一台でできるようになってきました。
電話としての機能だけでなく、音楽や写真、映画鑑賞などのエンターテイメント、スケジュール管理や銀行決済など生活の一部を担う存在になっています。鍵や家電のリモコンとして利用できるアプリも開発が進んでおり、スマートフォンはますます生活に密着したものになっていくでしょう。

《Analytics》
レコメンド機能やリターゲティング機能は日々進化しており、企業側はより多くのデータを組み合わせたアプローチができるようになっています。
様々なデータを収集し、膨大な情報の中からビジネスに役立てる情報に整理するデータサイエンティストと呼ばれる職業が誕生しています。消費者のニーズが多様化する中、データサイエンティストの需要は増え続けています。

《Cloud》
今まで企業や個人が手元で管理してきたデータやサーバーが、クラウド上で管理できるようになりました。
これによって高額な初期投資が不要になり、ベンチャー企業や個人も気軽にwebサービスを利用できるようになりました。

2015年には入ってからは、これにもう一つ「S」が加わってSMACSという言葉も出てきています。
「S」にはSensorやSecurityが入るようです。SMACを基本として、今後も様々なサービスがリリースされていくでしょう。
エンジニアとして最低限のトレンドキーワードは常にチェックしていきたいですね。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン JAVA案件特集 PMO案件特集 インフラ案件特集 人材コーディネートサポーター募集