NoSQL - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

フリーエンジニア考察 - フリーランスお役立ち情報

NoSQL

今回のお題『NoSQL』
「NoSQL」とは、一般的にNot only SQLと解釈されており、大まかな分類でリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)以外のデータベース管理シムテムを指すものだとされています。そのため非常に幅広い範囲を指します。データベースの種類は「キューバリューストア」「カラムストア」「ドキュメントデータベース」「グラフデータベース」の4つのタイプがあり、それぞれ固有の特性を持っています。

今回のお題『NoSQL』

NoSQLとは

「NoSQL」は、幅広い種類の膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析するデータベースシステムです。データベースといえば長らく、MySQLやPostageSQLが利用されてきましたが、データ量の増加や複数サーバー間のトランザクションが発生するようになり、NoSQLが開発されるようになりました。現在知られているだけでもGoogleのBigTable、AmazonのDynamoDB、オープンソースのCassandraやCouchDB、MongoDBなど、100以上の製品があります。

NoSQLのメリットデメリット
現在、一般的なデータベースといえばRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)とNoSQLに大別されます。NoSQLはデータの読み書きの性能を上げることにフォーカスしており、RDBMSよりトランザクション処理を緩和することで高速な処理を実現しています。また、データの読み書きを簡素に行っているため、データ量の増加に合わせて拡張していく、ということも容易に行えるようになりました。
しかし、トランザクション処理を緩和しているためにデータに一貫性がないため、複雑な分析や検索処理には向いていません。

NoSQLを利用するのであれば、膨大に増加し続けるデータを記録し、検索・分析・参照をするSNSなどが向いています。実際にFacebook、twitter、LINE、instagramなどで利用されています。
一方、RDBMSはデータの一貫性が厳密に問われる基幹系システムに向いています。

案件検索はこちらから

注目、充実の案件情報を毎日配信!

ご希望にぴったりの案件がきっと見つかります。
ご登録は無料ですので、毎日更新される案件情報はぜひウォッチしてください。気になる案件があれば、お気軽にお問い合わせください。

お役立ち情報はこちらから

フリーランスを志すあなたの役に立つ情報が満載

フリーランス、フリーエンジニアという働き方を選択された皆様のお役に立ちたい。そんな思いから、「すぐに使える」「ちょっとした役に立つ」「知っているとお得」な情報をご紹介していくコーナーです。

ピックアップ求人

エンジニア案件

クリエイター案件

ポジション

エンジニアルームについて

Engineer Roomを使うメリット

首都圏最大級のフリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

フリーエンジニアの案件探しはお任せください!

ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。
フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。

ご登録はこちらから