HCI (ハイパーコンバージドインフラストラクチャ) - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

HCI (ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)
お役立ち情報

フリーエンジニア考察

HCI (ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)

今回のお題『HCI(Hyper-Converged Infrastructure - ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)』

コンバージドインフラストラクチャとは、一般的にサーバー・ネットワーク・ストレージ・ソフトウエアを統合しパッケージ化した製品で、日本語では「垂直統合システム」と呼ばれています。コンバージドの意味は、「統合」や「集中・集約」です。

HCI (ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)

コンバージドインフラストラクチャとは、一般的にサーバー・ネットワーク・ストレージ・ソフトウエアを統合しパッケージ化した製品で、日本語では「垂直統合システム」と呼ばれています。コンバージドの意味は、「統合」や「集中・集約」です。
従来のシステム開発では、上記のサーバー・ネットワーク・ストレージ・ソフトウエアのそれぞれで別々のベンダーや製品を選択して全体を構成することが多かったですが、コンバージドインフラストラクチャでは開発ベンダーが全てをワンセットにし、いわゆる完成品として提供しています。そのためユーザーには、開発から運用開始までのリードタイムの短縮、サポート窓口の一本化、ベンダー保証による安定稼働などが大きなメリットとなります。
コンバージドインフラストラクチャは、注目を集めているクラウドよりも更に新しい概念で、欧米で大きく伸びている領域です。

これに対し、「HCI(Hyper-Converged Infrastructure – ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)」はその更に発展型となり、特に欧州で大きく注目されています。
一般的なコンバージドインフラストラクチャの、集約と統合をより一層高めたもので、サイズをより小型化、コンパクト化しています。コンバージドインフラストラクチャの多くがラック単位でのスペースを必要とするのに対して、HCIの多くはユニット単位と、かなりサイズが小さくスペースをとらないことがより多くのユーザーの支持を得る要因となっています。

また、大きな特長として非常にシンプルで、拡張性の高い構成もメリットのひとつとしてあげられます。
例えば、HCIベンダーを代表する一社でもある米国のNutanix社の製品では、2ユニットサイズのハードに4台のサーバーが内蔵されており、更にその各サーバーそれぞれにローカルストレージが備え付けられています。そして各サーバーはイーサネットで接続されているため、これ1台でサーバー4台によるクラスタ構成がとれることになります。サーバーを増やし、5台、10台、、、とサーバーを増やしていく場合も、イーサネット経由ですべてのサーバーを接続することができます。このようにストレージ内蔵のサーバーというシンプルなハードをネットワークでつないでいくだけという非常にシンプルな構成が、ハイパーコンバージドインフラストラクチャの最大の強みであり、小さなハードを最小構成で実現し、高密度なクラスタを構成しやすいことが利点です。

HCIの代表的な製品としては、以下のようなものがあります。

・VMware EVO
・HP ConvergedSystem 200-HC(HP)
・VCE VxRACK System(VCE)
・Nutanix Virtual Computing Platform(Dell・Nutanix)

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン JAVA案件特集 PMO案件特集 人材コーディネートサポーター募集 インフラ案件特集