リファクタリング - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

リファクタリング
お役立ち情報

フリーエンジニア考察

リファクタリング

今回のお題『リファクタリング』

「リファクタリング」とは、仕様変更に応じてソースコードの手直しを行い外部仕様を変更せずに内部構成を修正・改善することを言います。リファクタリングをする目的、リファクタリングを行うタイミングをご紹介します。

リファクタリングとは

「リファクタリング」とは、仕様変更に応じてソースコードの手直しを行い外部仕様を変更せずに内部構成を修正・改善することを言います。リファクタリングをする目的、リファクタリングを行うタイミングをご紹介します。

リファクタリングとその他修正の違い
リファクタリングを簡単に言うと、修正・改善になるのですが、デバックやチューニングとは何が違うのでしょうか。
プログラムの修正は4つの分類に分けることができ、「デバック」「機能拡張」「チューニング」「リファクタリング」があります。
元々正常に動いていなかったプログラムを修正することを「デバック」、一方正常に動いているプログラムに対して修正するものに「機能拡張」「チューニング」「リファクタリング」が含まれます。「機能拡張」は新しい機能を追加するため、「チューニング」は処理速度を上げるため、とユーザー視点で行われるものですが、「リファクタリング」はコードを読みやすくする、プログラムを理解しやすくする、プログラマーのための改善という意味合いが大きいものなのです。
ただ、プログラマーが分かりやすいということは開発スピードも上がるため、最終的にユーザーのためにもなるのです。

リファクタリングを行う目的とタイミング
上記でも述べたように、リファクタリングはプログラマーが開発をしやすいようにソースコードを整理・改善する修正のことを指します。元々の設計が甘かった場合、複数のプログラマーが手を加えている場合、非常に読みづらく理解するのに苦労した、という経験はないでしょうか。そんな時に、リファクタリングを行います。
最初は、全体の設計を理解する時間がかかるため、取り掛かりに前向きではないかもしれませんが、今後の修正や開発を含めるとトータルでは短い時間で済んだ、という結果を得られるようになるでしょう。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン JAVA案件特集 PMO案件特集 人材コーディネートサポーター募集 インフラ案件特集