クラウドファースト - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

クラウドファースト
お役立ち情報

フリーエンジニア考察

クラウドファースト

今回のお題『クラウドファースト』

企業が情報システムを導入・構築するにあたって、クラウドサービスを利用することが増えています。
クラウドサービスを利用する利点、国内の動向をまとめています。

クラウドファーストとは

「クラウドファースト」とは、企業が情報システムを導入・構築するにあたって、まずクラウドサービスを検討することをいいます。データの管理や保存、運用に自社の独自システムを利用していた場合、システムの開発費として大きな初期投資がかかっていましたが、クラウドであれば初期費用を抑えて導入できるので企業としては大きなメリットがあります。また、開発のための時間も必要ないため、必要な時にすぐ利用できるのも利点の1つでしょう。

クラウドの国内導入実態
総務省が発行している情報通信白書によると2015年末の国内におけるクラウド利用企業は約39%に達しています。さらに、資本金が50億円以上の企業となるとその割合は70%を超えています。上記で述べたコスト削減の他にも、セキュリティの観点からクラウドに移行する企業も多くみられます。2〜3年前には、クラウドに対する不安の1つとしてセキュリティが挙げられていましたが、サービスを提供する会社の多くがセキュリティ保護を重要視しており、自社で運用するよりも安全で確かなものだというイメージが定着しています。国内では証券取引所、大手保険会社、教育機関、通信社なども導入しています。

クラウドサービスの比較
2015年末現在、AWS(Amazon Web Service)、Microsoft Azureがシェア1~2位となっています。AWSは2006年にリリースされた業界でも老舗といえる立場です。初期から大規模に対応していたため、国内の大手企業が多く利用しています。
Microsoft Azureは後発組で2010年にサービスがリリースされましたが、開発のしやすさ、SQL serverで運用していたシステムがそのまま利用できることから利用数が急激に伸びています。また、クラウドサービスとしては個人情報保護の国際基準ISO27018の認定を唯一受けていることも利用率アップの要因となっています。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン JAVA案件特集 PMO案件特集 人材コーディネートサポーター募集 インフラ案件特集