アジャイル開発 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

アジャイル開発
お役立ち情報

フリーエンジニア考察

アジャイル開発

今回のお題『アジャイル開発』

素早く無駄のない開発を進めるための手法であるアジャイル開発。
そのメリットと開発における注意点をまとめました。

アジャイル開発とは

「アジャイル」とは、英語でagile=「俊敏な」という意味を持ち、ソフトウェア開発においては素早く無駄なく作成する手法を言います。開発プロセスを細かいフェーズで分け、フェーズ毎に顧客と要件定義・開発・テストを繰り返して全体を作り上げていきます。

アジャイル開発のメリット
アジャイル開発は上記で述べた通り、フェーズ毎に開発を進めるため、仕様変更が起こった場合にも対応がしやすく、後々に大幅な修正をしなければならないという事態を回避することができます。ソフトウェアの開発は長期間に渡ることも多いため、作成開始から数ヶ月経って必要な条件が変わってしまった、ということも起こりかねません。顧客のニーズに合わせ柔軟に対応できる、ということが最大のメリットだと言えます。ただ、全体の仕様が確定していないため、初期に最終的なコストを正確に見積ることが難しく、開発前に顧客との商談をしっかり行っておく必要があります。
また、フェーズ毎の仕様が固まっていれば開発に取り掛かることができるため、全体の要件を固めるまで作業に入れないということがなく、スピードを重視した開発に向いています。

アジャイル開発での注意点
顧客のニーズ変化をいち早く察知し、柔軟で素早い対応が求められるので、コミュニケーション能力とある程度の経験値が必要となってきます。少なくとも開発チームをマネジメントするエンジニアには、設計・コーディング・テストが一通りできること、次に着手すべきフェーズの判断ができること、顧客とチームのコミュニケーション齟齬が起きないようマネジメントすることが求められます。

近頃では経験の少ないエンジニア同士がチームを組んでアジャイル開発を行ったため、一向に開発が進まなかった、顧客の要望期間までにテストに取り掛かることができなかった、知識の乏しい者同士の意見の対立が起こりプロジェクトの進行に支障がでた、など失敗例も多く聞かれます。
アジャイル開発で進めるべきか、ウォーターフォールで進めるべきかは、案件の内容をよく理解し、顧客の要望と開発チームのメンバーによって検討する必要があるでしょう。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン JAVA案件特集 PMO案件特集 人材コーディネートサポーター募集 インフラ案件特集