Xenの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

Xenの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

人材市場におけるXen技術者の現状と今後について

クラウド化が増々進んでいる近年、仮想化技術の根幹を担うXen。そのたしかな技能を持った人材に対するニーズは、増加傾向が続いています。技術の概要と今後の需要をご紹介します。

Xenとは

ひとつのハードウェア上で、複数のOSを並列実行・制御する仮想化ソフトウェアのひとつ。ゼンと読みます。

2002年に英・ケンブリッジ大学コンピュータ研究所のIan Pratt氏らが開発を始め、その後、オープンソースソフトとして公開されました。

ゲストOSに変更を加えることなく動作させる「完全仮想化」、および、ゲストOSに修正を加えて高速な動作を可能にする「準仮想化」という2種類の仮想化技術に対応していることもXenの特徴です。Xenの導入により、サーバの台数を減らし、運用や管理のコストを削減することが可能になります。

Xen技術者の現状と今後について

データセンターなど複数のサーバーを維持する企業などにおいて、導入が加速化しているxenですが、開発経験者の絶対数は現状ではまだ十分ではありません。クラウドコンピューティングの鍵となる人材となるXen経験者のニーズは当面、維持されるでしょう。