JavaScriptの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

JavaScriptの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

ウェブ制作のスタンダードJavaScript技術者の未来

現在のウェブ制作に欠かせない存在と言えるJavaScript。スマートフォン台頭も追い風となり、今後も安定した求人が見込まれるJavaScript経験者・技術者について、ご紹介します。

JavaScriptとは

JavaScript は、1995年、Netscape社が開発したインタープリタ型のプログラミング言語です。Webページにインタラクティブな機能を持たせる、あるいはウェブブラウザの機能向上を目的に開発されました。それまで動的なウェブページ制作に使われていたCGIなどは、サーバに命令を送信し、その処理結果に基づきページが生成されるため、アクセスが集中すると処理が遅延するなどの問題もありましたが、JavaScriptは処理自体をクライアント側で行うため、サーバ側の負荷軽減につながるという点で注目されていきました。
ブラウザに拡張機能を追加したり、特別なソフトを使用したりすることなく、変数、命令、関数、オブジェクトなどを使ってHTMLの中に直接記述するだけなので、初心者にも非常に使いやすく、現在ではWebページ制作に欠かせないスタンダードな言語となっています。

JavaScript技術の最新動向について

リリース当初のJavaScriptは、実行速度も遅く、セキュリティの問題も多く発生したため、ブラウザの機能をオフにすることが推奨されていた時期もありましたが、その後、ブラウザの高性能化・高機能化やjQueryなどの汎用ライブラリの登場によって、JavaScriptの技術環境は大きく進歩しました。とりわけ、Google Chromeに搭載されているJavaScriptエンジン「V8」は、ブラウザのJavaScriptの実行性能を劇的に向上させた要因のひとつです。JavaScriptの有効性や利便性は、今後も多くのニーズがあるのです。

JavaScript技術者の現状と今後について

ウェブページ全般において、JavaScriptの使用が40%以上増加しているという調査結果もあり、今後もJavaScriptスキルに対する求人は続くと考えられます。また、スマートフォン市場が確実に定着した近年、これに関連した求人は活発化、増加の一途をたどっています。JavaScriptスキルについても、指定する求人も多数みられます。

今、注目のJava Script案件

スキル・業界・職種・働き方の動向

スキル・業界・職種・働き方の
動向一覧へ

ピックアップ求人

エンジニア案件

クリエイター案件

ポジション

エンジニアルームについて

Engineer Roomを使うメリット

首都圏最大級のフリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

フリーエンジニアの案件探しはお任せください!

ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。
フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。

ご登録はこちらから