Hyper-Vの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

Hyper-Vの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

クラウドコンピューティングの一助を担うHyper-Vの今

Microsoft社が提供するサーバ仮想化を行なうための機能の名称。ハイパーブイと読みます。ハードウェアとOS との間に設けられたわずかなソフトウェアの層により、ハードウェアを複数のパーティションに分割し、それぞれOSに割り当てることができます。つまり、1台のコンピュータで複数の仮想機械を実現できるのです。これにより、サーバ運営に関わるコストの削減やサーバの使用率の向上に貢献します。

Hyper-Vとは

マイクロソフトが提供するハイパーバイザベースのx64向け仮想化システムで、1台のコンピュータ(サーバ)で複数の仮想機械を実現します。

Hyper-Vを用いることで、1台のマシンのリソースを複数のサーバーで共有することが可能になるため、サーバー運営に関わるコストの削減や、サーバーの使用率の向上などを図ることが可能になります。

Hyper-V技術者の現状と今後について

東日本大震災を機に、多くの企業がBCP(事業継続計画)の重要性を再認識しました。その実現の鍵を握るひとつが仮想化技術です。Hyper-Vを使うことで、多くのユーザー・企業が慣れ親しんできたWindows Serverをベースにしながら迅速かつ安価に、既存資産を仮想環境へと移すことが可能なため、その経験者に対する人材市場価値は高まっています。

2012年度のある調査によると、中堅企業において、サーバの仮想化活用にさらなる期待が集まっていることが明らかになっており、実際にいくつかの企業では既にHyper-Vが導入されています。また、日立製作所が日本Microsoft社との間でサーバ仮想化分野における連携強化を発表するなど、この分野に貢献できる技能者へのニーズは高止まりを示しています。