Fireworksの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

Fireworksの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

条件ごとに適応できるスキルとの組み合わせをFireworks

ウェブデザインでは有効とされてきたFireworks技術ですが、それ単体でのニーズは多くありません。デバイスやプロジェクトに合わせて必要となるスキルなど、昨今の動向についてご紹介します。

Fireworksとは

Adobe 社により発売されているウェブデザインに特化したグラフィックソフトウェア。ファイアーワークスと読みます。

JPEG、GIFなどインターネットで使用される画像形式を、品質をできるだけ落とさずバイナリ容量を小さく保存する機能に特化して開発されました。

従来は複数のアプリケーションを使い分けていた、基本的なデザインからプトロタイプの作成、イメージの出力など一連の操作を行なえます。さらに、Adobe Illustratorなど同社の他製品との密接な連携も可能です。

FireworksとPhotoshopについて

ウェブデザインに欠かせない作業ツールとして、Fireworksと合わせてPhotoshopが挙げられられます。ウェブ制作における使い勝手や作業効率の良さに関しては、Fireworks の方が有利な傾向にあります。

ただし、グラフィック的に作り込んだメインビジュアルやランディングページを必要な場合は、Photoshopが有効と言えます。使い分けることにより、工数削減とクオリティ向上が実現可能です。

Fireworks技術者の現状と今後について

かつてのように、絵がつくれるだけのウェブデザイナーの時代は終わり、デバイスに依存しないデザイン(レスポンシブ・ウェブデザイン)、利用者と有益なコミュニケーションを促進できるデザイン(グランドデザイン)などのスキルが求められています。

さらに、ディレクションスキルやコミュニケーションスキルなど内部・外部と連携して円滑な進行を図れる能力が、Fireworksなどの技能に加え必要不可欠となっています。

スキル・業界・職種・働き方の動向

スキル・業界・職種・働き方の
動向一覧へ

ピックアップ求人

エンジニア案件

クリエイター案件

ポジション

エンジニアルームについて

Engineer Roomを使うメリット

首都圏最大級のフリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

フリーエンジニアの案件探しはお任せください!

ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。
フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。

ご登録はこちらから