CSSの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

CSSの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

今後、求められるのは更なるプラスαウェブ制作の要となる

これまでのウェブ制作において、できて当たり前とされてきたCSS。間もなくHTMLが主流となると見込まれる今、さらなるスキルアップが求められるCSS技能者についてご紹介します。

CSSとは

Cascading Style Sheetsの略。シーエスエスと読みます。Webページのスタイルを指定するための言語で、HTML やXHTMLと組み合わせて使用します。HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義するのに対して、CSSはそれらをどのように装飾するかというスタイルを指定するものです。現在では、スタイルシート=CSSという定義が一般的です。

CSSの最新技術について

1996年に確定され、現段階での最新版がCSS3です。これまでのCSSに「新しく便利な仕様を加えたもの」がCSS3であり、従来のCSSと互換性があります。また、「HTML5+CSS3」のように語られることもありますが、必ずしもHTML5と一緒に使わなければならないわけではありません。例えば、HTML4.01で記述されているWebページをCSS3でデザインすることも可能です。

CSS技術者の現状と今後について

かつてのように紙媒体から移植したようなウェブサイトを作ればよいという時代は終わり、ユーザーにいかに有益な情報を与え、よい体験を提供できるかという本質が問われる現代では、HTMLコーダーやマークアップエンジニア、フロントエンドエンジニアと呼ばれる職種の人たちには、基本的にCSSに関する知識と技術がデフォルトで求められています。近い将来、ウェブのベース言語となるHTML5、CSS3など新しい技術・知識に興味と積極性を持てる人材が、ますます求められることになるでしょう。