COBOLの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

COBOLの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

高水準言語であるCOBOLの現状や今後の需要について

古くから使われている高水準言語であるCOBOLは、現在でも、大規模な様々システムに使われています。新規開発という案件は少ないですが、日々発生するメンテナンス等では必ずCOBOLエンジニア必要になります。ここでは、COBOLエンジニアの現状や今後について紹介します。

COBOLとは

COBOLは事務処理計算言語として使用され、英語の文章に近しい記述が可能な為に汎用性が高い言語としても有名です。COBOLは、私たちの生活の中でも使われており、銀行のキャッシュディスペンサー、ATM等に使われています。その他、損保業務システム、証券基幹システム、等にも多く用いられています。

【*高水準言語とは】
狭義では機械語、アセンブリ言語以外のもので、広義では、記述レベルが実行レベルと比較して、抽出度が高く、より人間語に近いものになっています。

【属する言語】
C:システム制御向き
C++:Cにオブジェクト指向を付加
Java:オブジェクト指向、ネットワーク環境での利用向き
COBOL:事務処理向き
FORTRAN:科学技術計算向き
Pascal:科学技術計算、教育向き

COBOL案件について

一時、COBOLの案件は減少傾向にあり、C言語やJava等の技術が重宝される傾向にありました。一方でCOBOLは古い言語であり、銀行、損保、証券関係では、多くのシステムの基盤として使われているというのも事実です。それぞれのシステムが大規模なため、新たな言語を使い新しくシステム構築、移管するということが難しい状況にあります。古くから使っている言語であるCOBOLを利用せざるを得ないのです。

日々のメンテナンスは際限なく発生するため、今後もCOBOLの需要はなくならいことが予想されます。

COBOL技術者の現状について

現状、COBOLを習得している若い技術者が減少しております。COBOLに関する講習、新規開発案件は減少傾向にあるため若い技術者が習得し経験を積むことが難しくなってきていることが、COBOL技術者の減少の要因の一つと考えられています。

そのため、企業は幅広い年齢層でCOBOL技術者の募集を行い積極的に採用を行っています。

COBOL技術者の今後について

COBOLを用いた新規開発案件は減少する可能性があります。インフラまわりの変化により寿命があるため再構築が必要になるケースが多いですが、その際には、もともとCOBOLを使っていたとしても、大規模なシステムでない限り、新しい技術(言語)使用して開発が行われるためCOBOLの新規開発案件は少なくなるでしょう。特に、web系に移行するケースが多くあります。

一方で、膨大なデータ更新や大量データの処理は、COBOLで新規開発を行うケースもあるようです。

今後、若い技術者がCOBOL技術を身につけることは一つの優位性にもなることが想定されます。案件の内容は最初から作り込むというよりかは、メンテナンスや既にあるパッケージを基に構築するケースもあり、ある程度読めれば通用する場合がありますので少しずつ勉強することをおすすめします。そして、言語に関わらずフリーエンジニアとして設計や管理ができる能力を身につけることで案件の幅も広がっていくでしょう。

今、注目のCOBOL案件

スキル・業界・職種・働き方の動向

スキル・業界・職種・働き方の
動向一覧へ

ピックアップ求人

エンジニア案件

クリエイター案件

ポジション

エンジニアルームについて

Engineer Roomを使うメリット

首都圏最大級のフリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

フリーエンジニアの案件探しはお任せください!

ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。
フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。

ご登録はこちらから