Actionscriptの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

Actionscriptの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

Flashの盛衰と関連するActionScript技術者の今後

Flash技術の要となるスクリプト言語・ActionScript。すでに全盛期は過ぎたと言える一方で、HTMLとの共存共栄関係にあるともいえる、その実情とこれからについてご紹介します。

ActionScriptとは

Adobe 社のFlashで使用されるSWFファイル開発用のスクリプト言語です。これを用いることにより、動画や音声プレイヤーの作成など、コンテンツに複雑な処理や双方向性を持たせたFlashを作成することが可能になります。

ActionScriptが初めて搭載されたのは2000年に発売されたFlash5です。初代ActionScriptは、単純で覚えやすいスクリプト言語でしたが、ActionScript2.0、3.0では、大規模開発に適したクラスベースのオブジェクト指向言語を搭載し、より厳密化しました。

ActionScript技術者の現状と今後について

Adobeはモバイル向けFlash Playerプラグインの開発を中止する一方で、今後はTV、映画、音楽、ライブ放送など堅牢なコンテンツを保護すること、高品質の3Dゲームや軽快な2DゲームなどGPUを最大活用することなどを表明しています。

Flash Playerは依然、高い普及率を維持していること、現状のHTMLでは埋められない機能性を保有していることを考慮すると、今後もHTMLと共存共栄すると見られ、ActionScript技能者へのニーズも今後、一定量担保されると言えるでしょう。