Flash / ActionScriptの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

Flash / ActionScriptの動向
案件検索

Flash / ActionScriptの動向

Flash/ActionScript技術者の今後

これからの可能性を探る

高い普及率を維持しながら、今後のあり方がエンジニアの間で取りざたされているFlash。そして、そのFlash技術の要となるスクリプト言語ActionScript。HTMLとの関係性やFlash技術者の将来性などについて、簡単にご紹介します。

Flash/ActionScriptとは

Adobe 社による、音声や動画、ベクターグラフィックスのアニメーションを組み合わせてウェブを制作するソフトウェア。またそれによって制作されたコンテンツを指します。
携帯電話のインターフェイス、アニメーションや効果的なプレゼンテーション、電子コマースのアプリケーションとして活用できます。Flashで作成されたコンテンツは、無償配布されているプラグイン(Flash Player)をウェブブラウザに組み込むことで再生可能です。

また、Flashの開発用スクリプト言語であるActionScriptを用いることにより、動画や音声プレイヤーの作成など、コンテンツに複雑な処理や双方向性を持たせたFlashを作成することが可能になります。
ActionScriptが初めて搭載されたのは2000年に発売されたFlash5です。初代ActionScriptは、単純で覚えやすいスクリプト言語でしたが、ActionScript2.0、3.0では、大規模開発に適したクラスベースのオブジェクト指向言語を搭載し、より厳密化しました。

Flash/ActionScript技術者の現状と今後について

Adobe Flashは、2020年末をもって開発および提供が終了となることが発表された。現在Flashで作成されたコンテンツはHTML5やWebGLなどに移行されていくため、新しい技術を習得していくことが必要となる。

エンジニアルームについて

首都圏最大級の
フリーエンジニア専用サイト

エンジニアルームでは多様なフリーエンジニアの案件情報を日々更新して提供しています。
その数は1ヶ月当り平均約5000件で、首都圏最大級の案件数をご案内しています。
東京都内を中心に、千葉、神奈川、埼玉まで。あなたのご希望に合った案件が、エンジニアルームならきっと見つかります。

Engineer Room フリーエンジニアの案件探しは
お任せください!
ただ案件を紹介するだけではなく、専任のエージェントが就業まで完全サポートいたします。フリーエンジニアの皆様にとって必要な情報、知識などを的確且つ迅速にご提供いたします。
エンジニアルーム リニューアルキャンペーン これからフリーランスエンジニアを目指す方へ オンライン面談・リモートワークOK案件の特集 JAVA案件特集 PMO案件特集 インフラ案件特集 人材コーディネートサポーター募集