HTMLコーダーの動向 - フリーエンジニア IT 案件 求人【エンジニアルーム】ITフリーランス ITエンジニア IT個人事業主 仕事 転職 募集

HTMLコーダーの動向 - スキル・業界・職種・働き方の動向

HTMLを駆使したサイト構築のプロ「HTMLコーダー」

フロントエンドの中でもHTMLに特化した開発を担当します。HTML5やCSS3など、常に刷新される新たな技術・知識の習得が不可欠です。また、最新のCMS、javascript、Ajax、phpの知見も求められるなど、果たす役割が多様化しています。

HTMLコーダー案件について

webサイト制作過程において、HTMLおよびCSSを使用してwebページを作成する作業を行なう技術者のこと。制作の流れの終盤段階で、デザイナーが作成したビジュアルデザインをブラウザで忠実に再現できるよう、HTMLを使ってサイト全体を作り上げることが基本的な役割です。企画や設計・デザインが、ユーザーインターフェースとして完成する直前を担う業務であり、成果物の品質を担保する仕事であるとも言えます。実際、HTMLコーダーの能力が、SEOの精度やユーザビリティ、更新性を左右し、webサイトのパフォーマンスに影響を与えることも少なくありません。

実際の制作現場では、「コーダー」「コーディング担当者」「コーディングスタッフ」などと呼ばれることもあります。また、HTMLとCSSを用いた単純作業だけではなく、SEOやアクセシビリティなどを踏まえた作業も担うため、「マークアップエンジニア」という呼び方も提唱されています。

HTMLコーダーの求人動向について

HTMLコーダーのキャリアパスには、幅広く深い実装スキルを求めて、よりフロントエンドエンジニアとして強まっていく方向や、プロジェクトマネージメントのスキルを強めて実装面のディレクターになっていく方向、あるいはHTMLコーダーを土台としてインフォメーションアーキテクトとして設計に関わっていくという方向などが考えられます。

いずれの場合も、新しい技術や知識を持たない、あるいは持とうとしないHTML技術者は淘汰されていくことになると言え、常に新しい技術・知識に興味と積極性を持てる人材が、ますます求められることになるでしょう。